金運の周期

金運は、一定の周期で動いています。

 

あらゆる面で「3」という数字が使われていることに気付かれるでしょうか。
試用期間「三ヶ月」、石の上にも「三年」、「三日」坊主、お正月の「三が日」。

 

金運だけにとどまらず、私たちの生活の中に「3」という数字は大きな意味を持っています。

 

 

短期の三日を例えると、1日目は上昇。2日目は最高。3日目は下降。
そして4日目から金運の周期はマイナスゾーンに入ります。5日目で最低ライン。6日目からしだいに金運が上がりはじめる。
金運は、プラスゾーン三日、マイナスソーン三日という周期で動くのです。

 

金運と非常に密接といわれる恋愛運も、金運と同じように「3」の法則が働いています。
3日目、3ヶ月目、6ヶ月目、9ヶ月目、1年目で二人の関係に変化が訪れ、そして3年目で結婚となるパターンは多いのだそうです。