人と交流して金運アップ

金運は、人との「縁」によって引き寄せられるといわれています。

 

金運をつけたければ人と知り合えるパーティーや会合に積極的に参加して、人脈を築きましょう。

 

そして出会った人の名前を覚えることが大切です。

 

分かりやすい例えは接客業。接客業はお得意様の名前を覚え、「○○様、○○様」とできるだけ名前を声に出す。
お金を使ってくださるお客様の名前も出てこないのは話になりません。
名前で呼ぶことで、お客様は親近感をおぼえてくれるようになります。

 

名前を呼ぶだけですぐ金運があがるなんてことはないでしょうが、ちいさな積み重ねで人と人とのつながりが強くなっていけば、結果的に人から人へ流れる金運が自分の所にもめぐってくるのではないでしょうか。

 

名前を覚えるコツは、初対面の時にできるだけ相手の名前をよく使いながら会話すること。

 

出身、家族、趣味など、いくつかのキーワードと一緒に頭にいれておけば、名前がすぐに出てこなくてもキーワードからひらめくことができます。

 

名詞をもらったのならすぐ片付けたり机に置くのではなく、まず名前を声に出すことで頭にインプットしやすいものです。

 

好感をもってもらえれば、相手からも名前を覚えてもらうことができ、指名をもらったり、仕事を任せてもらえたりすることにもつながっていくのです。