金運をあげる行動

買い物をする

 

「金は天下の回り物」と昔から言われるように、金は水が流れるように絶えず、人から人の手に渡る流れがあるのが自然なこと。この流れを止めてしまうのはと川をせき止めてしまうようなものです。

 

お金は使うためにあり、使ってこそ、価値があるものでもあります。

 

自分のためだけにお金を使うのも決して悪いことではありませんが、そればかりでは金運をあげることにつながりにくいです。

 

金運をあげるお金の使い方は、日頃は節約しながら生活をしていても、たまには旅行やレジャーを楽しんだり、おいしいお料理と優雅な雰囲気を味わいに高級レストランを利用したり、仕事や勉強、毎日の節約で頑張っている自分へのご褒美として、欲しかった洋服やカバン、アクセサリーなどを買うようなお金の使い方です。

 

また、自分のためだけでなく、周囲の人へお祝いや誕生日、記念日などの贈り物をすることもとても大切。

 

このように自分や周囲の人の幸せを考えながらお金を使い、お金を流れをつくることで、結果的に自分の金運もあがっていくのです。

 

 

努力を惜しまない

 

金運をあげるためには、ひとつの事を続けて努力することです。

 

金運をあげるとされる西方位の掃除など、金運をあげるためのポイントはいくつかありますが、あれもこれも良さそうなことに手を出してはまた別のことをするようでは意味がありません。

 

金運をあげるためには、まずはどんな小さなことでも、ひとつのことをとにかく続けましょう。